アウト ガレリア “ルーチェ”

イベント期間中、午前12〜午後6時 休館日 月、火曜 (祝祭日除く)

465-0053 名古屋市名東区極楽1丁目-5番 オリエンタルビル極楽NORTH2F

Copyright © 1998-2022 auto galleria LUCE Inc. All rights reserved.

レーシングカー、及びスポーツカーのメーカーとして、革新的なモデルを誕生させレース業界に新たなスタンダードを築いたロータス社の始まりは、創業者“コーリン・チャプマン”が、ガールフレンドの家の裏庭で製作した1台のマシンからでした。
1928年、ロンドンの近郊の街でパブを経営する裕福な家庭でコーリンは誕生しました。ロンドン大学で構造力学を学び、後のロータス社が生み出す自動車に大きな影響を与えることとなります。
新入生のダンス・パーティから愛用のバイクで帰る途中、タクシーと衝突し大怪我を負いました。この事故をきっかけに、両親はバイクよりも安全だろうと自動車を買い与えると、コーリンは自動車を操る楽しさに目覚め、モータースポーツに熱中していきました。
学生でありながら中古車販売も行っていたコーリンは、時勢の流れで中古車業が不振になると、在庫の処分に奔走します。しかし、どうしても売れない車が1台ありました。それは、1930年代にイギリスの大衆車として生まれたオースチン7でした。コーリンはこの車を後の妻になるヘイゼルの家の裏庭を使い、急な坂道を登る競技“トライアル”用のマシンとして改造、後に数々のレースで名を轟かせるタイプナンバーの記念すべき1番目となり、ロータス社誕生の足がかりとなりました。
アウトガレリア“ルーチェ”では、コーリン・チャプマンが築いたロータス創世記から、後世のレーシングカー、スポーツカーに影響を与えたモデルを、ロータスを代表する車輌の展示と合わせてご紹介していきます。Top.html